製品紹介 カスタマイズ パーツ販売 共同開発 技術サポート 技術情報 お問合せ 会社案内

GPS遠隔モニター装置

 AP-CORE-A/Bの応用例として、 遠隔モニタ装置を紹介します。AP-CORE-AにGPSと無線モデム を接続し、GPSの$GPGGAメッセージを無線送信します。 移動体に取り付けることで、移動体の軌跡を遠隔でモニター できます。また、今回はGPSのみですが、各種センサーを 取り付けることで、移動体の状態を遠隔でモニターすること も可能です。機器の構成を下図に示します。



配線図

 配線図を下図に示します。無線モデムはCOM1、GPSはCOM0を使用しました。 AP-CORE-A/Bのシリアル通信はRS232C、無線モデムのインターフェースは UARTなので、レベル変換回路を介して接続しています。レベル変換回路は、 秋月電子より入手しました。


 次の写真は固定局と移動局の写真です。今回、GPSは ストロベリーリナックス より購入した、 高感度小型GPSモジュール(SiRF starIII)、無線モデムは サーキットデザイン より購入した、 MU-2を使用しました。固定局、移動局ともにプラスチックケースに入れています。



通信距離測定

 鹿児島県の薩摩湖にて、通信距離の測定を行いました。固定局は クルマの上におき、社内にてパソコンでモニターします。 オレンジのつなぎの人は私です。



移動局をもって、湖に沿って移動します。下の写真は固定局から約 400m地点。ここまでは確実にデータ受信ができました。



下図は移動局の軌跡です。固定局で記録したGPSデータを、 カシミールで表示しました。 通信距離は最長で700mでした。



     
製品紹介 カスタマイズ パーツ販売 共同開発 技術サポート 技術情報 お問合せ 会社案内
〒890-0061 鹿児島市天保山町14-3 TEL 099-213-0511  FAX 099-213-0585